鎌倉新書から無料プレゼント!葬儀と相続のガイドブック

鎌倉新書 無料プレゼント 鎌倉新書
スポンサーリンク

鎌倉新書から、葬儀・相続に役立つガイドブック「いい葬儀の手引き」の無料プレゼントがあります!


↑↑↑上の画像をクリック(タップ)すると、
公式サイトへ移動して無料プレゼントの申込みができます!

鎌倉新書から葬儀・相続に役立つガイドブック「いい葬儀の手引き」が無料でプレゼントされます!

年間相談件数52万件以上、葬儀社紹介20年の実績「鎌倉新書」のいい葬儀』から、葬儀、相続等に関するガイドブック「いい葬儀の手引き」が、無料プレゼントされます。

この機会に、ぜひ葬儀や相続等の常識を学ぶことで、人生の不安を解消してください。

このガイドブック「いい葬儀の手引き」は、次のような方にぜひ読んでいただきたいと思います。

  • 終活に興味がある方
  • 自分の親が年老いてきて相続などが心配な方    
  • 子供に迷惑をかけたくないので自分で終活に関して準備をしたい方
  • 相続について不安になったので、もっと詳しく知っておきたい方
  • 葬儀の料金について疑問を感じている方
  • 後悔しない葬儀をあげたい方
  • コロナ禍の葬儀に関して不安を感じている方

プレゼントのメッセージ

  • この1冊で葬儀から相続まで、知りたい内容が分かりやすくまとめてあります。
  • 万が一に備えてお手元に置いておくことで、いざという時に安心です。
  • この冊子を無料でプレゼントしますので、 一人でも多くの人が不安に思わずに済むよう、お役立てください。

さらに詳細なことはこちらのページでご確認下さい
>>相続・葬儀のことなどが分かるガイドブックを無料でプレゼント

「ガイドブックの無料プレゼントを申し込まれる方に」

「ガイドブックの無料プレゼント」を申し込むと、営業電話などがかかってこないかな?
というご心配をしている方がいるかもしれませんが、申し込み欄のすぐ上に、以下のような文面が明示されていますので、気軽に安心して申し込みができます。

  • ※葬儀社からの営業電話は一切ございません。
  • ※混雑しているため資料お届けまで1週間程度お時間がかかる場合がございます。

なお、わたしも申し込みをしましたが、4日後に自宅にヤマト運輸のポスト投函の便で届いていました。

このガイドブックの写真を撮りましたので、以下にご紹介します

ガイドブックの大きさは、A-4版で、全部で23ページの構成です。文字が大きくて読みやすいように編集されています。

下の画像の左は、ガイドブック「いい葬儀の手引き」(A-4版)の表紙です。
画像の右は、封筒です。ヤマト運輸からポスト投函の便で届きました↓↓
※写真が暗い写りで申し訳ありません。
封筒やガイドブックは、暗くなっていますが、実際はきれいな真っ白です↓↓

封筒の中には、ガイドブックの他に、↓下の画像の左のように、海洋葬のパンフレット、画像の右は「コロナ時代の一日葬」と題する記事が書かれたチラシです。

以下、ガイドブック「いい葬儀の手引き」(A-4版)のページ(全部で23ページ)の一部をご紹介します。下の見開きページは、「看取りから葬儀までの流れ」について。

↓下の見開きページは、「お葬式の種類」について。

↓下の左のページは「特別な思いを伝えるお別れ」、右のページは「葬儀場の選び方」について。

↓下の画像の左のページは「相続準備のために」、右のページは「各種手続きについて」

写真が不鮮明で申し訳ありません。また、ページは全部で23ページの一部です。

興味がある方は、こちらから無料で申し込みができますのでお気軽にどうぞ ↓↓↓

>>相続・葬儀のことなどが分かるガイドブックを無料でプレゼント


葬儀・相続に役立つガイドブック「いい葬儀の手引き」の編集、発行元の「鎌倉新書」について。なぜ「鎌倉」っていうの?

「鎌倉新書」と聞いてどんな印象を持たれますか?

「鎌倉新書」と初めて聞くと、出版会社の名前ですか?と思ってしまうかもしれません。

じつは、その通りで、株式会社 鎌倉新書は、東京都中央区にある葬儀、お墓、仏壇などの終活関連、または仏教関連、供養業界関連の書籍などの出版を行っている会社です。

ただし、近年は、出版関係だけではなく、「いい葬儀」、「いいお墓」、「いい仏壇」などに関する情報サイトを運営したり、情報誌「月刊仏事」を刊行したりもしています。

ですので、その「鎌倉新書」が編集した葬儀・相続に役立つガイドブック「いい葬儀の手引き」の内容は、かなり期待できるものです。

なぜ「鎌倉」という名前が付いているの?

なお、会社名になぜ「鎌倉」という名前が付けられているのでしょうか。
本社は東京駅近くで、法人が設立された最初の場所も豊島区ですから、社名に鎌倉が入っている理由は、なんなのでしょうか?

そのことをずっと疑問に思っていましたが、最近、その理由が分かりました。

というのは、「鎌倉新書」の設立当初、創業をした場所が千代田区の鎌倉橋の近くだったということです。併せて、創業者が鎌倉仏教に造詣が深かったから、「鎌倉」という名前が付けられたということです。

現在、「鎌倉新書」が運営しているポータルサイト「いい葬儀」は、全国約800の葬儀社と提携しており、2000年から始め、現在では国内最大規模に発展しています。

また、「いいお墓」は2003年にスタートし、全国7,600件以上の墓地、霊園を掲載しています。
さらに、「いい仏壇」も2003年に始めて、全国8,000店舗の仏壇屋さんと提携しているという状況です。

このサイトでは、「鎌倉新書」のご紹介をしています

このサイトでは、そんな「鎌倉新書」に関して、「いい葬儀」、「いいお墓」、「いい仏壇」のご紹介をさせて頂いております。

興味がある方は、下記のページもご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました