葬儀屋の費用を安くするには、「くらべる葬儀」の無料見積りで!

くらべる葬儀 くらべる葬儀
スポンサーリンク

葬儀費用を安くするにはどうすればよいでしょうか?

葬儀費用を安くしたいのは、誰もが思うところです。突然の葬儀費用に何百万円も支払うのは、負担が大きすぎます!

数年前の全国調査で、葬儀費の平均額は、約200万円と言われています。これは、僧侶に支払ったり、戒名をつけたり、料理代とかの料金も含まれているものと思われます。

しかし、葬儀にそれだけの費用をかける必要があるのか?というように、高額の葬儀を疑問視するのが現在の風潮です。

また、葬儀に高額をかければ、良いお葬式ができるとは限りません。低額の葬儀でも、良いお葬式を行うことは可能なのです。

要は、どの葬儀屋さんにお願いするのか?です。

お葬式は、葬儀屋さんのプランによってかなり違ってきます。同じような規模のお葬式でも、葬儀屋さんによって費用はかなり異なるのです。

ですので、葬儀をお願いする側の私たちは、葬儀屋さんの言う相場にだまされてはいけません。「どこの葬儀屋でも、こんなもんです」というような、どんぶり勘定的な葬儀屋は、こちらからお断りしていきたいものです。

葬儀社ごとに異なる費用の比較をすることが大切です!

しかし、最寄りのすべての葬儀屋に見積もりを依頼するのは、たいへん面倒な作業となります。また、見積もりを出してもらったのに、お断りするのも、後々問題を残しそうです。

そこで、インターネットを利用して葬儀費を調べましょう!

以前は、葬儀屋さんに葬儀の申し込みをしたり、費用をたずねるのは、たいてい電話を使っていました。しかし、現在では、インターネットを利用して、短時間で、しかも無料で、複数の葬儀社の見積もりを知ることができます。

そこで役に立つのが、「くらべる葬儀」の全国一括見積りです。

「くらべる葬儀」は、お葬式や葬儀に関する日本最大級の総合情報サイトを運営しているサービス会社です。

くらべる葬儀とは?

この「くらべる葬儀」は、厳しい基準を設けて全国の優良な約500の葬儀社と提携しており、ネットで一括見積もり(無料)の申し込みをすれば、地元近郊の葬儀社の中から複数の葬儀社の葬儀費用に関する一括見積りを出してもらうことができます。

また、ネットで一括見積もりの申し込みをした後、くらべる葬儀から電話がかかってきますので、お葬式の事前準備から葬儀社、葬儀会場、火葬場の紹介や手配まで、葬儀のことなら何でも無料で相談ができます。

ですので、こちらは緊急の事態にあわてることもなく、何かあったら、くらべる葬儀に電話をして相談をすればよい、ということになります。

そのように、いつでも葬儀の専門家に相談ができる、という体制を整えておくのも、大切だと思います。

くらべる葬儀に「無料見積り」を申し込む方法

「くらべる葬儀」に葬儀社の見積りをもらうのには、「くらべる葬儀」のホームページの「無料見積もり」に申し込みをする必要があります。

その方法は・・・申込の手順について。

1 くらべる葬儀のホームページに掲載されている「無料見積もりフォーム 」に必要事項(氏名・住所・電話番号)を記載すると、まずくらべる葬儀の担当者から電話で連絡があり、今すぐ葬儀の手配が必要なのかについて、確認があります。

この時、資料請求だけで良い場合は、その旨を伝えます。

2 また、くらべる葬儀の担当者から、葬儀場所の要望や葬儀費用の希望等について質問があります。そのやり取りの内容から、くらべる葬儀の担当者が、こちらの条件に合った最寄りの複数の葬儀社を選んでくれます。

3 上記の手続きによって資料が送られてきますので、各葬儀社の費用見積りやサービス内容を比較して葬儀社を選ぶことができます。納得のいく葬儀社がない場合、お断りをすることもできます。

こちらが選んだ葬儀社をくらべる葬儀に伝えると、くらべる葬儀のほうで連絡をしてくれます。その後、葬儀社から電話があり、その後はこちら(申込者)と葬儀社との打ち合わせになります。

緊急にお葬式を手配:わからないことがあったらどうする?

お葬式は、たいてい、だれもが不慣れで、どうすればよいか分からないことがたくさんあると思います。

そのようなとき、一括見積りを申し込んだ後、くらべる葬儀から電話がありますので、分からないことを担当者に聞けば、親切に教えてくれます。

くらべる葬儀の担当者は、葬儀関係のことについては専門家ですので、すぐに対処すべきことでも、丁寧に教えてくれます。

これらの質問は、全部無料ですので、遠慮せずに利用するのがよいと思います。

くらべる葬儀に一括見積りをする:依頼フォームの入力方法

くらべる葬儀のホームページを開けると、下記のような「一括見積もり依頼フォーム」があります。入力する内容は、氏名、住所、電話番号、ご状況となっていますので、簡単です。

タイトルとURLをコピーしました