エンディングノートは100均で販売?ダイソーやセリア等!無料は?

エンディングノート100均エンディングノート
スポンサーリンク

エンディングノートは、ダイソーやセリアなどの100均で購入できます!ほかに、無料で入手も可能です!

ダイソー

>> 100均で探さなくても、無料で郵送してもらえるエンディングノートもあります!

エンディングノートをダイソーやセリア、キャンドゥなどの100均で探してみました。

ダイソー
セリア

以前、「100均にエンディングノートはあるかな?」という考えがひらめいて、近所のダイソーやセリアなどの100円ショップに行ってみましたが、 エンディングノートは扱っていない様子でした。

ところが、その後、セリアやダイソーでも、 エンディングノートを販売しているとのことで、さっそく行ってきました。

すると、ありました!

ダイソーは「じぶんノート(もしもノート)」、セリアは「エンディングノート」という名称で販売されていました!

ダイソーやセリア、キャンドゥなどの100均に並べてあるノートを見ると、実に色々なノートや、可愛いノートがあって、文房具店さながらの品ぞろえに驚くことがあります。

エンディングノートは、ダイソーとセリアで発売していました。
キャンドゥ では見つけられませんでした。

エンディングノートの売り場は、100円ショップの文房具コーナーでした。

ダイソーであってもセリアであっても、100均の場合、エンディングノートは普通のノートが売られている文房具コーナーに並べてありました。

100均の文房具コーナー

一般的なエンディングノートは、どこで買えるの?

ダイソーやセリアの場合、エンディングノートは文房具コーナーに並べてありますが、従来から販売されているもっと高額のエンディングノートは文房具店というより、書店で販売されています。

また、Amazonや楽天等でもたくさんの種類のエンディングノートが販売されてます。
例えば、Amazonで探す場合、「amazon エンディングノート」で検索すると、たくさんのエンディングノートが見つかります。

↓こちらは、amazonや楽天で販売されているコクヨのエンディングノートです。

100均のエンディングノートの中身はどうなの?

従来のエンディングノートは少なくとも1,000円はするものですが、ダイソーやセリアで100円で購入できるエンディングノートの中身はどうなのでしょうか?
やはり値段なりの安っぽさがあるものでしょうか?

ダイソーの「じぶんノート(もしもノート)」

自分ノートの表紙

ダイソーの「じぶんノート (もしもノート) 」の中の「プロフィール」のページです↓↓

自分ノート プロフィール

セリアの「エンディングノート」

セリアの「エンディングノート」の中の「プロフィール」のページです↓↓

ダイソーの自分ノート、セリアのエンディングノートの大きさは、どちらもA-5で、小型のノートになっています。
内容は、エンディングノートとして備えるべき事項は最低限抑えているようで、若い方が使うのにちょうど良い内容になっているようです。

ダイソーもセリアも、このようなエンディングノートを100円で販売しているのですから、かなり健闘していると思います。

100均で販売されているエンディングノートのメリット・デメリット

メリット:ずばり安い!これにつきます。

100均のエンディングノートのメリットは、

  • 100円という安価な値段で購入できることです。
  • 必要最低限の項目は備えています。

市販のエンディングノートはほとんど1,000円以上のものですが、エンディングノートを100円という非常に安価な値段で購入できることは驚きです。

また、100均のエンディングノートは必要最低限の項目は備えており、シンプルな内容がお好みの方には、むしろ書き込みやすいものとなるでしょう。

デメリット:市販のエンディングノートに比べると項目が少ない

100均のエンディングノートのデメリットは、

  • 小型の店舗では置いていない場合もあります。
  • 市販のものに比べると簡素で項目が少ない。

100均の中でもダイソーとセリアで販売していることが分かりましたが、ある程度大型の店舗でなければ置いていないようです。また、市販のエンディングノートと比べると安価に購入できるので、売り切れるのも早いようです。

また、100均のエンディングノートは市販のものに比べると、項目が少ないのは仕方がありませんね。しかし、多くの人に共通の最低限抑えておきたい項目は備えているので、足りない項目があれば自分で適当な大きさの用紙をはさんだり、ちょっと糊付けしたりで補うようにしましょう。

例えば、ダイソーとセリアのノートには、エンディングノートに欲しい「家系図(親族表)」が掲載されていないのでした!

「家系図(親族表)」なんていらない!という方もいるかもしれませんが、家系図を作っておくと非常に役立つ時が必ず来ます。

「家系図(親族表)」を表示するには、ページにそれなりの大きさが必要になります。

ダイソーとセリアのエンディングノートはどちらもA-5ですから小型です。「家系図(親族表)」を表示するには小さすぎるんです。

ですので、「家系図(親族表)」が欲しい方には、ダイソーとセリアのエンディングノートは物足りない内容となります。

「家系図(親族表)」なんかいらないという方には、ダイソーやセリアのような小型のエンディングノートで十分かもしれません。

「家系図(親族表)」が書ける本格的なエンディングノートが無料で提供されています!

ネットで申込めば、下記のような「家系図(親族表)」が掲載されている本格的なエンディングノートを自宅まで無料で配達してもらえますので、こちらをご覧ください↓↓
>>よりそうお葬式のエンディングノートについて(クリックすれば下方に移動します)

よりそうのお葬式のエンディングノート

100均で大学ノートやかわいいノートを選んで手作りすることも可能!

エンディングノートを手づくりで作成!

つまり、例えばダイソーなどの100均で販売している大学ノートのような罫線式ノートを買ってエンディングノートとして使用するという方法です。

要は、利用するノートはなんでもよいのですから、例えば、お気に入りの「かわいいノート」を選んで、それをエンディングノートにすることもできます。

最近では、小さな文房具店よりもダイソーなどの100均のほうが、種類も豊富で、かわいいノートや掘り出し物のノートが見つかることもあります。
初期のころのダイソーなどでは1000円ぐらいもするようなノートが100円で売られていることもあって、思わず手を出して買ったものですが…。

そんなノートからお気に入りのノートを選んでエンディングノートに利用すれば、大学ノートとはまた違った、表紙のしっかりした個性的なエンディングノートができます。

※ エンディングノートを書くときの筆記具について
>>エンディングノートは、ペンで書く?鉛筆で書く?筆記具はどっちにする?

ノート

100均のノートでエンディングノートを手作りするときの注意点

エンディングノートには何を書いても良い、とはいっても注意すべきことは、エンディングノートには必ず書いておくべき内容があるということです。

というのは、エンディングノートは残された家族の役に立つ内容がきちんと書かれていないと、単なる日記や記録帳のようになってしまうからです。

エンディングノートに書いておくべき必要な項目を知っておきましょう

もちろん、日記のような内容でも良いのですが、エンディングノートとして残すからには、最低限書いておくべき必要な事項がありますので、そこは抑えておきましょう。

そうしておけば、そのノートを覚え書きとして利用したり、日記風に利用したり、思い出の写真も貼っておいたり、様々なアイデアで活用することができます。それでこそ本当に家族の方に喜ばれ、家族の方にも役に立つノートになります。

エンディングノートに書いておきたいことは?

エンディングノートに書くべき項目について、例を挙げてご紹介します。

エンディングノートに書いておくべき項目は?

誕生や経歴、生い立ちなど

氏名や生年月日などの基本的な個人情報の他、出生時の様子、幼少期の思い出、友人、先生のこと、学歴や職歴、資格、結婚のなりそめ、ペットのことなど。自分が送ってきた人生について伝えておきたい事柄を記入します。

なお、可愛がっているペットがいれば、日常の食事や与えてはいけない食物等、他の家族が困らないように記録しておきましょう。

友人の氏名や連絡先など

日頃お付き合いをしている友人の他に、学生時代の友人や職場の同僚を一覧にして、住所や連絡先を添えておくと、葬儀や急な入院の際に連絡がしやすくなります。

亡くなった後の死亡通知を出してほしい方の住所・氏名等を記録しておくと、家族の方が困らずにすみます。

葬儀やお墓、法要について

葬儀に呼んで欲しい人や、反対に呼んで欲しくない人、希望する葬儀の形式、菩提寺の宗派、お墓の場所や供養の方法などを記入しておきます。

また、遺影として使用する写真を準備しておくと家族の方の負担が軽くなります。

不動産や貯金、財産等について

不動産、預貯金、生命保険、銀行口座番号、所有するクレジットカードの番号などを記入します。

借入金がある場合は、返済方法や担保の有無、保証人に関する情報を記入し、死後にどのようにすればよいのか記載しておきましょう。ただし、暗証番号などの重要情報は記入せず、別の手段で記録を残しておく方が安全です。

その他の遺品等について

車、骨董品、貴金属類、趣味の収集品など、資産価値がありそうなものは、全て書き出しておきましょう。他人に譲りたくない(隠してある)宝物や思い出の品を別途記入しておくと、遺品整理の際に処分されずに済みます。

ネット上で契約をしている種々のサービス

SNSやwebサービスを利用していれば、IDやパスワード等の会員情報を記入しておき、有料のものなど退会手続きの必要なものは、手続きの方法等についても記録しておきましょう。

自分のこと

この世に生を受けてから、現在までのことを書きます。

人の一生には、卒業・就職・結婚・出産など、様々な出来事があったはずです。

そのような人生の経験を振り返ることで、今後何をするべきかが見えてくることでしょう。これまでの人生を振り返りながら自分史を書いてみましょう。

いわゆる個人情報も、ここに記しておきます。

家族であれば生年月日くらいは知っていても、本籍地、マイナンバーや年金証書などの基本情報、家系図などは、あまり知らないと思います。そうした情報を書き記すことで、行政などへの手続きがスムーズに行えます。

ペットの世話

ひとり暮らしの場合、残されたペットを誰に引き取ってもらうか決めておくことは大切なことです。

ご家族の生活環境によって引き取れないこともあるかもしれませんので、友人や知人にまで探す範囲を広げて、面倒を見てもらえる人を探しておく必要があります。

また、飼っていたペットが新しい飼い主に早くなじめるように、ペットの習性や個性、好き嫌いなどについても書いておきましょう。

デジタル情報

最近は高齢者の方でもSNSを楽しむ方が増えています。しかし、これらは退会手続きを取らなければ、永久にアップされたままです。

アドレスやパスワード、退会手続きなどの操作方法をノートに記し、いつまで公開するのかを決めておいた方がよいでしょう。パソコンなどのパスワードについても、忘れることなく記載しておきましょう。

通帳と印鑑

年金証書や保険の証書、介護保険証や健康保険証、または通帳と印鑑など、貴重品の保管場所は本人以外知らないことが多いと思います。

保管場所をノートに記しておくと、家族はスムーズに対応することができます。ただしノートには貴重品に関する情報が書かれていますので、管理に注意をしましょう。

また、法律で定められた財産分与以外の方法を希望する場合は遺言書が必要になります。ノートには、遺言書を作成していることや、遺言書の保管場所、誰が管理をしているかなども記載しておきましょう。

医療・介護のこと

厚生労働省の調査によると、現在では、自宅で亡くなる人よりも、病院で亡くなる人が多くなっています。

近年では、延命治療を行わず、慣れ親しんだ施設などで、最後を迎える看取りが行われていますが、末期の状態になった時、どの程度の医療行為を必要とするかについては、家族にとっては深刻な問題となります。

ですので、そのような家族の負担を取り除くために、あらかじめ末期症状や認知症により自己判断ができなくなったときの希望や対処法等を記載しておきます。

葬儀

これまで死について語るのはタブーとされていたため、生前に葬儀について話し合われることは少なく、本人や家族の立場や交友関係により、葬儀の内容が決められていました。

かし昨今では、密葬や家族葬など、葬儀の形態も変わってきましたし、終活が一般化するにつれ、自分で気に入ったお墓を購入する機会も増えてきました。ご家族にとってもデリケートな部分ですので、事前に取り決めておくのがよいですね。

遺言、形見分け、遺品整理のこと

家族間でトラブルがないよう遺言を残してあれば、その保管場所を記しておきます。また、資産価値の低い貴金属品やコレクションなど、思い出が詰まった品をどのように分けるかを記しておきます。逆に貰っても困るようなものは、処分の方法を記します。

中には「家族は興味を示さないが、愛好家には人気」というものや「資産価値はないが、歴史的に貴重なもの」というものもあると思いますので、それらの譲渡希望先も決めておきましょう。

葬儀の際の連絡先

葬儀の連絡だけでなく、入院や施設に入所したことの連絡、同窓会や趣味の会など、様々な方への連絡が必要となりますが、家族が交友関係のすべてを把握していることは少なく困難を極めます。友人・知人の連絡先一覧は家族にとって重宝することでしょう。

メッセージ

家族や友人に対し、感謝の言葉、思い出話、最後に伝えたいことなど、共に過ごした時間が幸せであったことをメッセージとして残します。文字だけでなく、写真を添えたり、動画として残すのもいいでしょう。普段通りのまま、語り掛けるように心の思いを伝えてください。

100均で探さなくても、無料配布のエンディングノートがあります

エンディングノートは、コクヨ製などのように市販されている有料エンディングノートの他に、ダウンロートで入手する方法や、葬儀社紹介サイトに資料請求することで入手できる無料配布のエンディングノートもあります。

このような無料のエンディングノートであっても、終活に必要な内容が項目別に書けるように整理されているため、そのような項目に従って書けるところから記入すれば、自分の他にも、家族の役に立つエンディングノートができます。

>>無料配布のエンディングノートの詳細はこちらのページにもあります

簡単に書けるエンディングノートを無料で郵送してもらう方法

葬儀関係のパンフレットを資料請求することで、無料のエンディングノートをプレゼントしてもらうことができます。

このようなサービスを利用すれば、エンディングノートを100均で探さなくても、タダで、しかも郵送でたいへん優良なエンディングノートを入手することができます。

実際に、「よりそうお葬式」に資料請求してみると、銀行口座やパスワードの覚書きなど、日常的にも役立つように作られていて、その他の項目も充実しており、市販のエンディングノートに匹敵するほどの内容を持ったものでした。

「よりそうお葬式」のエンディングノート

「よりそうお葬式」のエンディングノートは、表紙もすっきりしたデザインで、大きさがA4ほどの冊子に製本されています。

その内容は、コクヨのエンディングノートをさらに終活に特化させた内容となっており、文字も大きくて(老眼でも)見やすい内容になっています。

よりそうお葬式の「エンディングノート」の内容

よりそうお葬式のエンディングノート

「よりそうお葬式」のホームページから資料請求(無料)を申し込んだ方全員にもらえる無料の「エンディングノート」が人気です。

ノートのタイトルは「MY NOTE」となっているため、終活用として使用する以外にも、忘備録として日常的に使いやすいものとなっています。

※「よりそうお葬式」のエンディングノートを他社のエンディングノートと比べておすすめできる点は、他社のものより肉太の文字で印刷されているため、老眼などでお困りの方にも、見やすさの点で一番おすすめです。

「よりそうお葬式」のエンディングノ―トのサンプル

「よりそうお葬式」のエンディングノ―トは、A4版で、全部で30ページの構成です。以下に、一部のページを写真でご紹介します。

自分の基本情報・現在の健康状態のページのサンプルです↓

エンディングノート

自分史、ツールのページのサンプルです↓ 

エンディングノート自分史

なお、「よりそうお葬式」のエンディングノートは、自由に書き込む欄が多いことの特徴の一つです。

家族一覧、親族・友人一覧のページのサンプルです↓

エンディングノート家族一覧

銀行口座について、不動産についてのページサンプルです↓

エンディングノート銀駆口座

保険について、年金についてのページサンプルです↓

エンディングノート保険・年金

親族表(家系図)のページもあります↓

上記のエンディングノートは、「よりそうお葬式」のホームページから無料の資料請求を申し込んだ方全員に、上質のパンフレット等といっしょに数日中に郵送されて来ます。

なお、パンフレット等が入っている封筒の外側には、「よりそう」の文字と小さく「株式会社よりそう」とその住所が書かれており、外観は葬儀関係のものとは分かりません。

また、「よりそうお葬式」に資料請求をした後、担当者から個別に電話がくることなどは全くありません。

※ こちらから、よりそうお葬式に資料請求できます
>>よりそうのお葬式のホームページ

「よりそうお葬式」に資料請求する方法

  • ⇒上記の「よりそうお葬式」のホームページを開くと、画面の下の方に緑色のバナー「無料で資料請求する」が出ますので、これをクリックすると申込フォーム「資料請求はこちらをご入力ください」が開きます。
  • ⇒この申込フォームに記載されている「資料の送付方法」は、「◎ご住所に郵送で送付」をお選びください。
  • ⇒他の必要な箇所に記載をして、「同意して資料請求をする」をクリックする。
  • 以上のように申込むだけで、2~3日で「よりそうお葬式」のパンフレットや各種のチラシ、そしてエンディングノートが、同封で郵送されてきます。

小さなお葬式は、エンディングノートの無料プレゼントを再開しました

小さなお葬式では、以前、 資料請求をした際のプレゼント品としてオリジナルのエンディングノートがパンフレットなどの資料一式といっしょに送られてきました。

しかし、2021年になって、資料請求のプレゼント品がエンディングノートから「喪主が必ず読む本」に代わっています。

この「喪主が必ず読む本」は、40ページほどの小冊子ですが、もしもの時に役に立つ情報が書かれており、喪主の方はもちろんのこと、喪主でない方も、お葬式のことなどに関してたいへんに役に立つ内容となっています。

※ こちらから小さなお葬式に資料請求できます
>> 小さなお葬式のホームページ


タイトルとURLをコピーしました