エンディングノートは、ペンで書く?鉛筆で書く?筆記具はどっちにする?

ペンで書く エンディングノート
スポンサーリンク

エンディングノートの筆記具は?ペンで書く?鉛筆で書く?

エンディングノートを書くとしたら、あなたはどんな筆記具で書きますか?鉛筆?ボールペン?

エンディングノートは、ペンで書けばいいのか、鉛筆(シャープペンシルも含みます)で書けばいいのか、こんなことに悩んで食事ものどを通らない!こんな人いませんか?

いるわけないと思いますが、このペンと鉛筆の二者択一の話、けっこう面白くなりそうなので記事にしました。

ただし、お忙しい人のために、先に結論を述べておくと「ペンと鉛筆のどちらでもよい」「どちらでも自分が書きやすい方で書けばよい」というのが答えになります。

ところで、実は、「どちらでも自分が書きやすい方で書けばよい」というのは、ペンと鉛筆のどちらでも「書きやすい方で書けばよい」という意味と、「エンディングノートは書きやすい方で書くのがおすすめ」という意味をもっています。

エンディングノートは、後に書き直すことがあるかもしれません

そもそも、よく言われるように、エンディングノートは、遺言書のように法的効力を有するものではありません。

いわば、家族への希望や伝えておきたいこと、伝えておくべきことなどをメモ的に書き残すものであるため、ペンのような筆記具で書かなければいけないという決まりは全くありません。

どちらかというと、鉛筆の方がおすすめです!

むしろエンディングノートの場合、書いた内容に変更が生じることもありますので、どちらかというと、消したり、書き直したりすことができる鉛筆の方がおすすめ!ということになります。

エンディングノートは、手軽に書けることがむしろメリットだ

また、エンディングノートをペンで書く場合、間違ってはいけない、という緊張感があったり、このことはまだ検討中で決まっていないとの理由で、書くのを先送りにすることも多くなると思います。

しかし、このようなことが多くなると、エンディングノートを書くのがおっくうになったり、いつしかエンディングノートから遠ざかってしまうことにもなりかねません。

ですので、エンディングノートの場合、むしろ間違えても訂正ができるという気楽な気持ちが必要です。とりあえず、書いておいて、変更があったら書き直そう、と言ったように、軽い気持ちで書けるところから書いていくことが大切になります。

こんな話を聞いた事があります。

ロシア人の少年が日本の学校に転校してびっくりしたこと、それはロシアではみんなペンを使って文字を書くのに、日本の生徒たちは鉛筆を使って文字を書いていることだった。ロシアで鉛筆を使うのは、美術の時間に絵を描くときぐらいらしい。

そのため、鉛筆で文字を書くことに抵抗とためらいを感じながらも、納得がいかないまま木の棒を握っているとき、教室の隣の生徒が棒をひっくり返してごしごし何かをしているのが見えた。

そのとき始めて、棒の上にある小さなゴムが消しゴムであることに気づいて、これは便利だ! 間違えたら消して書き直せる!心の中でそう叫んだ。 

その時から、なんだか楽しくなって、スラスラと鉛筆で書けるようになったとのこと。

でも、万年筆やボールペンで書くのがダメだという訳ではありません!

書き慣れている万年筆のほうがいいとか、ボールペンの方が好きだという方の場合、書きやすいペンで書き、訂正したいときは横線を引いて訂正するとか、ホワイトで修正するとか、お好きなようにすれば良いと思います。

むしろ、そういう自由性のある方が、書く人の個性がにじみ出ることになって、「書は人なり」とか言われるように、家族や遺族の方に喜ばれるのではないでしょうか。

鉛筆の場合、消されると困るのですが、と心配する人もいます

鉛筆で書くと、消しゴムでごしごしと簡単に消されるのではないですか、と心配される方がいらっしゃいますね。

しかし、エンディングノートは、上記の通り遺言書のような法的な拘束力がありませんので、財産をどう分けるか?というような記述を見られてしまって、利害関係が生じることになるのが心配な場合、むしろ、そのようなことはエンディングノートに書くより、遺言書に遺しておくことをおすすめします。

エンディングノートは、ときどき見返して、書き直すべきことは書き直しておきましょう

エンディングノートは書いたら終わりではなく、定期的に見なおして、変化があったところは書き直すことが大切です。しかし内容によっては、消さずに書き加えていくことで、自分の気持の変化を残しておくというのも方法です。

また、書いたときの日付を書き添えておくと、時間の経過とともにどのように変化したのかが分かり、後でそのエンディングノートを開いた家族が興味深く読むことになるかもしれません。

ペンで書くと消える可能性が…

鉛筆の方がペンで書くよりも良いという理由の一つに、ペンで書くと消えてしまうおそれがあるからです。

えっ!とと思う方もいるかもしれませんが、ボールペンで書いた文字が時間の経過とともに薄くなったり消えてしまった経験をお持ちの方もいると思います。

最近では、書いたところを擦ると消えるボールペンもありますが、このような消えるタイプのボールペン以外にも、成分によっては経年的に消えてしまう性質を持っているボールペンもあります。

完全に消えていなくても、変色したり裏写りしていたりすることもあります。なぜこんなことが起きるのかというと、ボールペンの文字が消える原因は、主に、水や湿気、光の影響、アルコールによるものなどに原因があるそうです。

一方、鉛筆の芯は黒鉛(こくえん)でできています。黒鉛は、黒い鉛(なまり)と書きますが、黒煙は鉛ではなく炭の仲間に入ります。ですので、毒性はないとのことです。黒鉛で書かれた文字は、経年的に消えることはないとそうです。

そこで、長期間の保存が必要なエンディングノートを書くときには、文字が消えにくいえんぴつやシャープペンシルを使うのがおすすめということになります。

エンディングノートはどんどん修正しましょう!

エンディングノートに書くべき内容の一つに、パソコン関係や銀行やクレジットカードなどのIDやパスワードなどがあります。もっとも、状況によっては、パスワードや暗証番号は秘密にしておくべきものですが。とくに、いらなくなった情報は、削除したり、その上に横棒を書き加えたりしておかないと、後で混乱することがあります。

また、友人の氏名や住所を書いている場合、その住所が変わったら書き換えるとか、記載の内容が変化したら、その都度、修正する必要があります。

エンディングノートに書いておくべき必要な項目を知っておきましょう

エンディングノートとして残すからには、最低限書いておくべき必要な事柄があります。そこさえ抑えておけば、エンディングノートを覚え書きとして利用したり、日記風に利用したり、思い出の写真も貼っておいたり、様々なアイデアで活用することも可能です。

そのようにエンディングノートに何を書くのかについては、このサイトの他のページにまとめてありますので、興味のある方は参考にして下さい。

例えば、こちら>>エンディングノートの簡単な書き方

さらに、エンディングノートに使用するノートには、無料で配布しているものあります。そのようなエンディングノートは、書くべき内容が整理されているため、タイトルや案内にそって書けるところから書き込んでいけば、次第に充実した内容になるというメリットがあります。

また、とにかくエンディングノートがどういうものなのかを知りたい方にとっては、まず無料配布のエンディングノートを入手してから、そのノートに書き続けていくか、それとも他の気に入ったノートに買い換えるか検討することができます。

なお、無料配布のエンディングノートというと、市町村などの自治体で配布したりダウンロードできるもののほかにも、資料請求の特典として配布したりしているノートもあります。そのようなエンディングノートについては、こちらに詳しくまとめてありますのでご参考にしてください。

>>無料配布のエンディングノートは簡単に入手できます!

無料配布のエンディングノートの例をご紹介します

エンディングノートは、コクヨ製などのように市販されている有料エンディングノートの他に、ダウンロートで入手する方法や、葬儀社紹介サイトに資料請求することで入手できる無料配布のエンディングノートもあります。

このような無料で配布されているエンディングノートであっても、必要な項目別に書けるように整理されているため、そのような項目に従って書けるところから記入すれば、自分の他にも家族の役に立つエンディングノートができます

簡単に書けるエンディングノートを無料で郵送してもらう方法

葬儀関係のパンフレットを資料請求することで、無料のエンディングノートをプレゼントしてもらうことができます。

このようなサービスを利用すれば、エンディングノートを100均で探さなくても、たいへん優良なエンディングノートを入手することができます。

実際に、「よりそうお葬式」に資料請求してみると、銀行口座やパスワードの覚書き、友人の住所氏名など、パソコン関係で使用するIDやパスワードなど、日常的にも役立つ内容や、その他の項目も充実しており、市販のエンディングノートに匹敵するほどの内容を持ったものでした。

「よりそうお葬式」のエンディングノート

「よりそうお葬式」のエンディングノートは、表紙もすっきりしたデザインで、大きさがA4ほどの冊子に製本されています。

その内容は、コクヨのエンディングノートをさらに終活に特化させた内容となっており、文字も大きくて(老眼でも)見やすい内容になっています。

なお、以前は、「小さなお葬式」に資料請求した際にも、エンディングノートの無料プレゼントがありましたが、今は、エンディングノートではなく、「喪主が必ず読む本」という小冊子のプレゼントに変わっています。

よりそうお葬式の「エンディングノート」の内容

「よりそうお葬式」のホームページから資料請求(無料)を申し込んだ方全員にもらえる無料の「エンディングノート」が人気です。

ノートのタイトルは「MY NOTE」となっているため、終活用として使用する以外にも、忘備録として日常的に使いやすいものとなっています。

※「よりそうお葬式」のエンディングノートを他社のエンディングノートと比べておすすめできる点は、他社のものよりも肉太の文字で印刷されているため、老眼でお困りの方にも、見やすさの点で一番おすすめです。

「よりそうお葬式」のエンディングノ―トのサンプル

「よりそうお葬式」のエンディングノ―トは、A4版で、全部で30ページの構成です。以下に、一部のページを写真でご紹介します。

自分の基本情報・現在の健康状態のページのサンプルです↓

自分史、ツールのページのサンプルです↓ 

なお、「よりそうお葬式」のエンディングノートは、自由に書き込む欄が多いことの特徴の一つです。

家族一覧、親族・友人一覧のページのサンプルです↓

銀行口座について、不動産についてのページサンプルです↓

保険について、年金についてのページサンプルです↓

上記のエンディングノートは、「よりそうお葬式」のホームページから無料の資料請求を申し込んだ方全員に、上質のパンフレット等といっしょに数日中に郵送されて来ます。

なお、パンフレット等が入っている封筒の外側には、「よりそう」の文字と小さく「株式会社よりそう」とその住所が書かれており、外観は葬儀関係のものとは分かりません。

また、「よりそうお葬式」に資料請求をした後、担当者から個別に電話がくることなどは全くありません。

「よりそうお葬式」に資料請求する方法

>> 「よりそうお葬式」のホームページを開く

  • ⇒上記の「よりそうお葬式」のホームページを開くと、画面の下の方から緑色のバナー「無料で資料請求する」が出ますので、これをクリックすると申込フォーム「資料請求はこちらをご入力ください」が開きます。
  • ⇒この申込フォームに記載されている「資料の送付方法」は、「◎ご住所に郵送で送付」をお選びください。
  • ⇒他の必要な箇所に記載をして、「同意して資料請求をする」をクリックする。
  • 以上のように申込むだけで、2~3日で「よりそうお葬式」のパンフレットや各種のチラシ、そしてエンディングノートが、同封で郵送されてきます。

無料のエンディングノートの利用方法は?

このような無料のエンディングノートを入手して、書けるところから書いていけば、やがて充実したエンディングノートができます。

また、100均や文房具で購入したお気に入りのノートをエンディングノートとして利用する場合、上記のように無料のエンディングノートを入手して、どのような内容が、どのような項目になっているのか参考にすることで、エンディングノートに書くべき内容が簡単に分かります。

そして、そのような内容を参考にして、100均や文房具で購入したお気に入りのノートに必要事項を書いていけば、自分のオリジナルのエンディングノートを書くことが可能になります。


【関連ページ】

エンディングノートは、書店で購入するだけではなく、ダウンロードや無料で郵送してもらうこともできます。
>>エンディングノートをダウンロードで入手する@おすすめはどれ?


スマホのアプリでダウンロードできる無料のエンディングノートに自分の情報や思い出などを記録することができます。
>>人気のエンディングノートを無料で入手する方法をお教えします。


無料配布のエンディングノートには、ネットでダウンロードしたり、葬儀社関係のサイトに資料請求することで郵送されるエンディングノートなどがあります。
>>無料配布のエンディングノートを簡単に入手する方法をご紹介してます!


エンディングノートを簡単に書くコツは、内容が項目ごとに整理されているノートを利用することです。
>>エンディングノートの項目一覧がわかれば、書き方もわかります!


エンディングノートの書き方がわからない人は、無料のエンディングノートを見本にすることで理解できます。
>>エンディングノートの見本を見れば、書き方もすぐに分かります!


エンディングノートは、内容も書き方も自由です。日常生活の中で興味のあることや気づいたことなどを書き加えていきましょう。
>>エンディングノートを簡単に書く方法は?


エンディングノートは、地方自治体などからダウンロードで入手できます。また、ダウンロードでなくても、無料のエンディングノートを郵送で入手することも可能です!
>>エンディングノートは無料でダウンロードできます!


タイトルとURLをコピーしました