無料のエンディングノートでおすすめはどれ?印刷不要

無料のエンディングノート エンディングノート
スポンサーリンク

エンディングノートを無料で入手したい!しかも印刷不要なのが良いね。おすすめのエンディングノートはどれですか?

終活等に利用するエンディングノートを無料で入手するおすすめの方法は?

  1. )パソコン等にダウンロードしてワードやエクセルで記入する
  2. )パソコン等にダウンロードしたPDF等を印刷して、手書きで使用する
  3. )スマホにアプリをダウンロードする
  4. )小冊子に製本されたエンディングノートを資料請求で郵送してもらう  ことで可能となります。 ⇒家族に安心して残すことができます!

 >> 小冊子になったエンディングノートを無料で入手する方法は?



 エンディングノートのおすすめの内容は?

  1. )書くべきことが項目別に整理されている
  2. )項目の内容が自分の情報にマッチしている

そのようなエンディングノートを入手して、家族に残しておきたい自分の情報やメッセージなどを書き込むことで、これからの生活や、後々の葬儀等にも活用することが可能になります。


終活等に利用するエンディングノートを無料で入手するおすすめの方法は?

1)エンディングノートを無料でパソコンにダウンロードして、エクセルやワードで入力する方法

この方法では、エンディングノートをダウンロードでパソコンに保存して、エクセルやワード形式でパソコンのキーボードを利用し、個人情報や記事を打ち込むことになります。

そして、それを用紙に印刷することも可能ですが、用紙に印刷しない場合、入力したデータをパソコンに保存することになります。

以下、パソコンでダウンロードできるおすすめの無料エンディングノートをご紹介します。

インターネットでダウンロードできるエンディングノート

以下に、インターネットで簡単にダウンロードできる無料のエンディングノートをご紹介しますので、自分のお気に入りのエンディングノートを見つけましょう。

エンディングノート|Office スタイル カタログ

※ ダウンロードはこちら >> Office スタイル カタログ enndexinnguno-to

  • マイクロソフトによる公式テンプレートサイトです。
  • docx形式で30ページの構成です。
  • きれいなレイアウトが特徴で、機能的に優れています。
  • 自分史関連は7ページと少なめで、家族へのメッセージが中心です。

エンディングノート無料ダウンロード版|日刊葬儀新聞社

※ ダウンロードはこちら >> エンディングノート無料ダウンロード版

  • 自分史的エンディングノートの決定版です。
  • doc形式で130ページですが、odt形式のファイルもあります。
  • 記入する項目が非常に多く項目別に記入していくだけで詳細な自分史ができます。

エンディングノート|ラプラージュ事務所

※ ダウンロードはこちら >> ラプラージュ事務所

  • doc形式で34ページの構成です。
  • 表形式が多いのが特徴で、項目がわかりやすく、記入しやすいのが特徴です。
  • 自分史を書けるか所は10ページほどにまとめられています。
  • フリーフォーマットで書けるページも設けられています。
  • 財産・相続・後見制度の利用など、家族に残しておきたい情報も豊富です。

自分史・エンディングノート無料ダウンロード|百人百想

※ ダウンロードはこちら >> 百人百想

  • docx形式で55ページで構成されています。
  • 自分の情報を書きこむ箇所が多く、自分史的なパートが31ページもあります。
  • 小学校・中学・高校・父・母の記入に、各1ページずつ割り当てられています。
  • 家族へのメッセージは表から選択する形式で、コンパクトで記入しやすく構成されています。

エンディング・ノート / ダウンロード – Life Ending Stage/ライフエンディング・ステージ情報

>> ダウンロードはこちら

  • 女性のための葬・相談室を運営しているサイトで公開されています。
  • PDF版のみですが、「葬儀編」「財産編」「ラストライフ編」の3種類あります。
  • 「エンディングノートの書き方講座では、「葬儀編」を使いますが、必要な方のために、「財産編」・「ラストライフ編」も作成いたしました」とのことです。 

ダウンロード版のエンディングノートの欠点は?

パソコンが壊れたり、保存したメモリ媒体が壊れたら何も残せない

パソコンにエンディングノートを記録しておく場合、パソコンが壊れたり、保存したメモリ媒体が壊れてしまうおそれもあります。そうなると、後に残った家族には何も残せないことになってしまいます。

パソコンが壊れる原因は、HDDの老朽化、衝撃、雷等、様々です。せっかく記入したエンディングノートの内容を健全に保持するために、USBメモリ等にバックアップを取っておきましょう。そして、そのバックアップの媒体の所在箇所を家族の方に伝えておいても良いと思います。

パソコン等にダウンロードしたPDF等を印刷して、手書きで使用することもできます

パソコン等にダウンロードしたPDF等を用紙に印刷して、エンディングノートに書くべき内容を手書きで書き込んでいく方法となります。

上記のように、パソコンが壊れたり、保存したメモリ媒体が壊れてしまった場合にも、家族にエンディングノートを残すにはパソコン内の記録を用紙に印刷して、紙媒体として残しておくと心配がありません。

このような用紙に印刷した場合、ばらばらの状態では、保管するのに不都合となるため、ファイルに整理しておいたり、ホッチキスで閉じておいたり、用紙に穴をあけて綴じひもで綴じたりすることで、1冊の小冊子として残すことができます。

しかし、パソコン内に記録してあるエンディグノートの内容を印刷するにはプリンターが必要になります。元々プリンターを持っている場合なら問題ありませんが、エンディングノートを印刷するためにプリンターを購入するのはもったいない気もします。


エンディングノートは、印刷不要の冊子状のノートに自分の手書きで書くのがおすすめです!

プリンターで用紙に印刷した場合、そこに印字される文字は、プリンターによって打ち出された個性のないものになってしまいます。

そこで思うことは、エンディングノートは家族にとってみれば思い出の品(形見)となりますから、やはり手書きの直筆で書かれたものがおすすめです。

しかも、ダウンロードで入手できるエンディングノートは面倒な印刷が必要になります。そのために、当然、プリンターが必要ですし、印刷をした後にバラバラになっている用紙をどうやって綴じるか、ホッチキスで綴じると簡単にできますが、何となく粗雑な一般書類のような感じがします。

そう考えるとやはり冊子状に綴じられた、しっかりした表紙のついたエンディングノートが欲しくなりますね。そのエンディングノートに家族への思いを込めながら自分のペンで直筆で書くのが良いと思います。

その直筆の文字から聞こえてくる執筆者の声や生き様こそが、エンディングノートを残す本当の意味なのかもしれません。しかし、パソコンに残されたデータでは、文字の字体から故人を偲ぶことができないため、単なる過去の記録となってしまうかもしれません。

印刷不要の冊子状のエンディングノートを資料請求で郵送してもらうのが、いちばん簡単でおすすめ!

エンディングノートを書くべきだと思っているのに、なかなか実行に移せない人は、何を書くべきか整理ができていない人に多いようです。

しかし、葬儀社等から無料で提供されたエンディングノートの場合、書くべき内容が項目別に整理されているため、その案内に従って、書けるところから書いていくことができ、簡単に取り組むことが可能です。

そして、書き込むに従って、貴重な資料(自分史)ができますし、後々、さらに必要に応じて書き込んでいけば、充実したエンディングノートができます。

郵送で入手できる無料のエンディングノートは?

無料で入手できるエンディングノートなら、葬儀社や葬儀関係のサービス会社に資料請求をして、郵送で送ってもらえるエンディングノートを利用するのが一番容易に無料で入手できる方法として、おすすめです。

お葬式サイトで無料で提供されているエンディングノートは、必要最小限の内容で、書き込みの欄も大きくて手軽に記入できますし、見た目の文字も大きくて、老眼の方にも苦痛にならない工夫がされています。

資料請求(無料)をすれば、無料のエンディングノートを郵送してもらえるサービスサイトをご紹介します!

私がおすすめの無料の小冊子型エンディングノートは、次のような葬儀サービス会社に無料の資料請求をすることで、パンフレットといっしょに同封で郵送されてきます。

そのように、資料請求でエンディングノートを無料提供しているサービス会社のおすすめは、次の2社です。

  1. )「よりそうお葬式(旧称:シンプルなお葬式)」のエンディングノート
  2. )「小さなお葬式」のエンディングノート

※しかし 「小さなお葬式」のエンディングノートの無料プレゼントは終了しました。

1)「よりそうお葬式」のエンディングノート

「よりそうお葬式(旧称:シンプルなお葬式)」のホームページから資料請求(無料)を申し込んだ方全員に郵送で送ってもらえるオリジナルの「エンディングノート」です。

冊子状に投じられたA4判で緑色の表紙つき、この表紙には「My Note」と表示があるだけで、エンディングノートという文字は表示されていませんので、外観的にはこのノートがエンディングノートだとわかりません。その中の各ページには、エンディングノートに書くべき項目がすべて整理されていますので、あとは書けるところから書き込むだけで次第に充実したエンディングノートができます。

↓下記は、例として「自分の基本情報」のページです。このようなページが30ページも用意されているので、市販のエンディングノートに匹敵する内容となっています。

「よりそうお葬式」に資料請求をすると、2~3日で自宅などの指定の住所に郵送で届けられます。なお、このような資料請求をしたからといって、「よりそうお葬式」からは電話などは一切ありませんので、気軽に資料請求できます。

無料配布のエンディングノートを入手する方法は?

無料配布のエンディングノートは下記に資料請求をすることで入手できます。

>>こちらのページの「無料で資料請求する」をクリックすると、資料請求のページが開きます

資料請求をする具体的な方法は、以下の各リンクをクリックすることで公式サイトを開き、そのページの「資料請求」のバナーをクリックすれば、申込みフォームが開きます。

そして、申込みフォームに必要事項を記入して送信すれば、数日後にパンフレットと共に郵送されます。

<注意>いずれに資料請求をする場合でも、申込みフォームに記載されている「資料の送付方法」は、「◎ご住所に郵送で送付」をお選びください。

全部で30ページの構成。A4版。家族表が見開き2ページの構成であるなど、充実した内容となっています。ノートのタイトルは「My Note」で、エンディングノートというタイトルはつけられていません。

>>よりそうお葬式に資料請求すると、パンフレットといっしょにエンディングノートが送られてきます


タイトルとURLをコピーしました