エンディングノートの無料アプリをスマホでダウンロードする!

無料アプリ エンディングノート
スポンサーリンク

スマホでエンディングノートの無料アプリをダウンロードする

スマホ

エンディングノートは、スマホでダウンロードできます

アプリとは、スマホなどにダウンロードして使うことができるアプリケーションのことです。
スマホ等の端末機にダウンロードできるアプリは、ゲームだけじゃなく、ニュース、音楽、地図、カレンダーなどさまざまなものがあります。

今では、エンディングノートさえもアプリをダウンロードし、スマホで操作し、保存できるものとなりました。ただし、アプリは有料のものと無料のものがありますので、注意をしましょう。

ともかく、近年では、スマホの普及とともに、気軽に携帯アプリで書き残せる「無料エンディングノートアプリ」が人気になっています。

スマホでダウンロードできる無料のエンディングノートアプリ3選

スマホで利用できる無料のエンディングノートアプリには、調べれば色々なものがあります。

1)100年ノート(iphoneとandroidに対応)

※ ダウンロードはこちらからできます:100年ノート

「100年ノート」は、生活総合情報誌『はいから』の編集部が提供しているアプリです。

シンプルなデザインで、エンディングノートに書いておきたい基本的な内容が網羅されています。
文章だけでなく、画像や音声を保存することも可能となっています。

注意すべきことは、「100年ノート」の利用は無料ですが、利用者が死亡した場合、ご家族の方などが記載された内容の情報開示を請求する場合は、3万円以上の手数料が必要になります。
これは、高すぎですよね!

2)わが家ノート

(引用:わが家ノート

三菱UFJ信託銀行が提供している無料アプリです。
三菱UFJ信託銀行の口座を持っていない人でも、利用することができます。

銀行が提供しているアプリらしく、お金に関するコンテンツも充実しています。

このアプリでは、預貯金や介護など一般的な項目だけでなく、健康管理や食事管理まで行うことができます。

3)エンディングノート ~絆~ Free(androidのみに対応)

※ ダウンロードはこちらからできます: エンディングノート ~ 絆 ~ Free

「エンディングノート ~絆~ Free」は、Android端末のみ利用可能なアプリで、無料版と有料版の2種類があります。

自分の身の回りの情報や、最期を迎えた後の葬儀やお墓に関する希望、財産関係に関する情報といったように詳細なことまで書き込むことができます。

機能はシンプルで、エンディングノートにあってほしい項目がある程度そろっています。
おもな項目は、「私の歴史、大切なあなたへ、万一の時のための連絡先、財産、葬儀の希望、日記等」です。また、画像の保存も可能です。

スマホを使って、アプリで残す場合の注意点

非常に気軽に便利に使用できるエンディングノートのアプリですが、アプリでエンディングノートを書く際の注意点は、アプリが短期間にサービスを終了する場合があるということです。

言い換えれば、短期間で使えなくなるおそれもあるということです。

さらに、もう1つの注意点は、スマホに入れてあるアプリですから、パスワードを入力しないと、見れなくなるということです。ですので、万が一に備えて、パスワードをご家族の誰かに伝えておく必要があります。

▼アプリを使用するメリット・デメリットを確認しておきましょう。

エンディングノートをアプリで書く場合のメリット

スマホのアプリなら、いつでも手軽に始めることができます

アプリのエンディングノートの場合、ダウンロードするだけですぐに使うことができます。
ためしにダウンロードして、使いづらいとか、自分には合わないと思ったら、削除することも簡単にできます。

しかし、紙製品のエンディングノートの場合は、選ぶのに、検索したり書店に行ったりして手間がかかります。

紙製品のエンディングノートを使用したいときは、無料のエンディングノートをいくつか入手して、それらを比べて決めるのがオススメです。

アプリなら、いつでもどこでも書くことができます

スマホのアプリなら、ちょっとした隙間時間を利用して項目を埋めたり、外出先で記録したりすることも可能です。

エンディングノートに限らず、何かを自筆で文字に書くときのように身構えてしまうと、なかなか書けないこともありますが、アプリなら伝えたいことが頭に浮かんだとき手軽に書くことができます。また、修正も自由にできます。

無料のアプリを使えば費用は最小限ですみます

エンディングノートのアプリの種類はまだ多くはありません。しかし、中には無料で使えるものもあります。

ただし、利用者が死亡したときご家族の方が情報を開示する場合に数万円の手数料が必要になるアプリもありますので、注意が必要です。

アプリなら、画像や動画、音声等の情報も残すことができます

エンディングノートには「遺言書」のような決まった形式がないため、動画でメッセージを残すことがでます。もちろん、家族との思い出を写真で残しておくこともできます。

エンディングノートをアプリで書く場合のデメリット

アプリは、急にサービスが終了することもあります

無料アプリの提供会社が倒産したりして、アプリの提供を止めてしまうと、アプリも使えなくなるおそれがあります。

しかも、アプリのサービスがこの先、何十年も継続される保証はありませんし、短期間で終了しているアプリもあります。

そんな時、アプリの内容を移動できればよいのですが、そうすることができない場合、他のアプリで作り直す必要があります。

アプリは、機能を拡張させる場合に費用が発生します

完全無料のアプリだと思ったら、機能を拡張するのに料金が必要だった。ということはよくあります。なかには、高額のアプリもますので、ためしに使ったうえで早目に判断したほうがいいでしょう。

アプリは、スマホの故障でデータが消失することもあります

アプリを利用したエンディングノートはスマホが壊れてしまったとき、データが消えてしまうこともあります。

また、修理に出したときにデータがなくなってしまう場合もあるため、大切な情報は可能であればバックアップを取っておきましょう。

アプリは、広告が表示されることがあります

無料のアプリには広告が表示されるものがあります。

スクロールの際に広告をクリックしてしまったり、画面の一部が広告で隠れてしまったりと、アプリが使いづらくなるかもしれません。

広告が気になるなら、他の無料アプリや有料のものをおすすめします。

やはり、家族にきちんとした形でエンディングノートを残したい方には、小冊子型のエンディングノートをおすすめします。
小冊子型のエンデングノートにも色々ありますので、最初は、無料のエンディングノートで実際に手に取って書いてみることをおすすめします。

紙製の冊子になったエンディングノートを無料で入手する方法!

紙製の冊子になったエンディングノートなら、薄手のパンフレットのような使い勝手で使用することが可能です。このような冊子状で無料のエンディングノートとしては、葬儀社や葬儀関係のサービス会社が無料で提供しているものを利用するのが、一番容易に入手できる方法となります。

1)「よりそうお葬式」のエンディングノート

よりそうお葬式のエンディングノート

「よりそうお葬式」のホームページから資料請求(無料)を申し込んだ方の全員にもらえるオリジナルの「エンディングノート」です。

実は、以前、私が「よりそうお葬式」に資料請求をして手に入れたのは、コクヨ製の黄色い表紙のノートでした(このページの一番上の写真のもの)。その後、オリジナルのエンディングノートができたというので、再度、資料請求をすると(一度資料請求をしてエンディングノートをもらったものですから、2度はだめだと思っていましたが)なんの問題もなく、郵送されてきました。

>>「よりそうお葬式」に資料請求をするとエンディングノートがもらえます

2)「小さなお葬式」のエンディングノート

以前は、「小さなお葬式」でも、「エンディングノート」を無料でプレゼントしていました。
しかし、このサービスは終わってしまいました。

「小さなお葬式」は、今では、資料請求をした者全員に「喪主が必ず読む本」という冊子をプレゼントしています。この冊子は、葬儀の喪主となる立場の方がもっている不安や疑問点をまとめた内容となっており、非常に役に立ちます。

>> 「小さなお葬式」の 「喪主が必ず読む本」 については、こちらにまとめてあります。

※「よりそうお葬式」のエンディングノートに関しては、各ページを写真に撮ってあります。

>> 「よりそうお葬式」のエンディングノートの写真はこちら

タイトルとURLをコピーしました