無料配布 エンディングノート ダウンロード

無料配布のエンディングノートをダウンロードする

無料配布しているエンディングノートは、ネットでダウンロードすることによって入手できます。

また、無料配布しているエンディングノートは、葬儀関係のサービス会社に資料請求することでも入手できますので、ご紹介します。

エンディングノート 無料配布 ダウンロード

エンディングノートは、スマホやパソコンなどを使って、アプリをネットでダウンロードすることもできますが、資料請求をすることで無料で入手することも可能です。

無料配布のエンディングノートをダウンロードする方法

パソコンに詳しかったり、ワードやエクセルが得意な人には、パソコンのインターネットを利用して、無料配布のエンディングノートをダウンロードで入手することもおすすめです。

無料のダウンロードで入手できるエンディングノート

以下に、インターネットでダウンロードできる無料のエンディングノートをご紹介します。お気に入りのエンディングノートが見つかったら、ダウンロードしてみましょう。

エンディングノート|Office スタイル カタログ

オフィスのエンディング

※ ダウンロードはこちら >> Office スタイル カタログ enndexinnguno-to

  • マイクロソフトによる公式テンプレートサイトです。
  • docx形式で30ページの構成です。
  • きれいなレイアウトが特徴で、機能的に優れています。
  • 自分史関連は7ページと少なめで、家族へのメッセージが中心です。

エンディングノート無料ダウンロード版|日刊葬儀新聞社

※ ダウンロードはこちら >> エンディングノート無料ダウンロード版

  • 自分史的エンディングノートの決定版です。
  • doc形式で130ページですが、odt形式のファイルもあります。
  • 記入する項目が非常に多く、項目別に記入していくだけで詳細な自分史ができます。

エンディングノート|ラプラージュ事務所

エンディングノート 無料

※ ダウンロードはこちら >> ラプラージュ事務所

  • doc形式で34ページの構成です。
  • 表形式が多いのが特徴で、項目がわかりやすく、記入しやすいのが特徴です。
  • 自分史を書けるか所は10ページほどにまとめられています。
  • フリーフォーマットで書けるページも設けられています。
  • 財産・相続・後見制度の利用など、家族に残しておきたい情報も豊富です。

エンディングノート ダウンロード「暮らしづくり終活」

※ ダウンロードはこちら >> 暮らしづくり終活 ⇒ このダウンロードは安全でなくなっていたので削除しました。

  • 自分の「基本情報」から、「ペット」、「介護」、「延命治療」、「会員制サービス」など、13項目に分類されています。
  • 一括ダウンロードか、必要なパートのみのダウンロードからを、用途に応じて選んでダウンロードすることができます。

自分史・エンディングノート無料ダウンロード|百人百想

百人百想

※ ダウンロードはこちら >> 百人百想

  • docx形式で55ページで構成されています。
  • 自分の情報を書きこむ箇所が多く、自分史的なパートが31ページもあります。
  • 小学校・中学・高校・父・母の記入に、各1ページずつ割り当てられています。
  • 家族へのメッセージは表から選択する形式で、コンパクトで記入しやすく構成されています。

エンディング・ノート / ダウンロード - Life Ending Stage/ライフエンディング・ステージ情報

ライフエンディング・ステージ浄法

>> ダウンロードはこちら

  • 女性のための葬・相談室を運営しているサイトで公開されています。
  • PDF版のみですが、「葬儀編」「財産編」「ラストライフ編」の3種類あります。
  • 「エンディングノートの書き方講座では、「葬儀編」を使いますが、必要な方のために、「財産編」・「ラストライフ編」も作成いたしました」とのことです。 

無料配布のエンディングノートをダウンロードで入手! 注意は?

  • 上記では無料のダウンロードで入手するエンディングノートの方法や利点について述べましたが、ダウンロード版のエンディングノートには欠点もありますので注意しましょう。
  • ダウンロード版のエンディングノートの欠点とは?
  • ダウンロードで入手したエンディングノートは、それを用紙に印刷して小冊子風に綴じたりするとき、プリンターが必要になります。
  • 小冊子風に綴じたりしないと、バラバラになるため、保管に不便です。
  • これを自分で綴じるのも良いですが、きれいな冊子の状態に製本をしたり、綴じたりするのには、それなりの技術が必要です。
  • なお、インターネットで提供されているエンディングノートの中には、プリンター用紙などに印刷せずに、エクセルやワード形式でそのまま文字を入力して、データとしてパソコンの中に残すことも可能です。
  • しかし、それでは、家族の方にエンディングノートの存在すら知られずに終わってしまう恐れもあります。
  • エンディングノートは、小冊子の形で残してこそ思い出の品になるものだと思いますが、パソコンに残されたデータでは、そのような小冊子の形に残すことはできません。

ダウンロード版のエンディングノートは、パソコンが壊れたり、メモリ媒体が壊れたら何も残せません!

最終的に、エンディングノートは目に見えるところに保管するか、少なくとも家族の誰かに保管場所を教えておく必要があります。

しかし、パソコンにエンディングノートを残しておく場合、パソコンが壊れたり、保存をしたメモリ媒体が壊れてしまう恐れもあり、そうなると、後に残った家族には何も残せないことになってしまいます。

エンディングノートは、手書きがおすすめ!

というのは、エンディングノートは、家族には思い出の品となりますから、やはり手書きで書かれたものが一番だと思います。

直筆の文字から聞こえてくる声や生き様こそが、エンディングノートを残す本当の意味なのかもしれません。しかし、パソコンに残されたデータでは、単なる過去の記録となってしまうおそれがあります。

ただし、パソコンに残されたデータであっても、やはり本人が書いた文章には個性が出るものですが、その場合も、やはり紙媒体に印刷をして綴じた状態で残しておきましょう。

資料請求で無料配布のエンディングノートを郵送してもらえるサービスサイトのご紹介します。

無料で入手できる「エンディングノート」なら、葬儀社や葬儀関係のサービス会社に資料請求をして、郵送で送ってもらえるエンディングノートを利用するのが一番容易に無料で入手できる方法として、おすすめです。

お葬式サイトで無料で提供されているエンディングノートは、必要最小限の内容で、書き込みの欄も大きくて手軽に記入できますし、見た目の文字も大きくて、老眼の方にも苦痛にならない工夫がされています。

私がおすすめするサービスサイトは次の2つです。

  • 1)「よりそうのお葬式」のエンディングノート
  • 2)「小さなお葬式」のエンディングノート

※ いずれも各社のホームページで資料請求すれば、無料で送ってもらえます。

なお、電話で資料請求をした場合、入手できませんのでご注意を!

これらのエンディングノートは、いずれも市販品に劣らず良くできていますが、夫々には違いもありますのでご参考にして下さい。

※「よりそうのお葬式」と「小さなお葬式」のエンディングノートに関しては、全ページを写真に撮ってありますので、ご参考にしてください。

>> よりそうのお葬式のエンディングノートの全ページ写真はこちらに

>> 小さなお葬式のエンディングノートの全ページ写真はこちらに

1)よりそうのお葬式の「エンディングノート」

よりそうのお葬式 エンディングノート

「よりそうのお葬式」のホームページから資料請求(無料)を申し込んだ方全員に郵送で送ってもらえるオリジナルの「エンディングノート」です。

なお、「よりそうのお葬式」に資料請求した場合、2~3日で郵送で届けられてきます。資料請求後に担当員からの電話はなく、送られてきました。

※「よりそうのお葬式」に資料請求をして送られてきたエンディングノートの全ページの写真を撮ってありますのでご紹介します>>エンディングノート 無料

2)小さなお葬式の「エンディングノート」

小さなお葬式の「エンディングノート」無料資料請求で全員もらえます

「小さなお葬式」のホームページから無料の資料請求を申し込んだ方全員に郵送してもらえる「エンディングノート」です。

※「ちいさなお葬式」の場合も、資料請求をした後、担当員から電話がかかってくることもなく、2~3日で郵送で届けられます。

※「小さなお葬式」に資料請求をして送られてきたエンディングノートの全ページの写真を撮ってありますのでご紹介します>>エンディングノート 無料

エンディングノートを無料で手に入れる方法の結論

私自身は、上記のように、「よりそうのお葬式」と「小さなお葬式」のほかに、「さがみ典礼」からエンディングノートを取り寄せました。

その方法は、上記の通りですが、一番のおすすめは「よりそうのお葬式」か「小さなお葬式」です。

この2社のエンディングノートはデザイン的に洗練され、内容も充実しています。

なお、さがみ典礼の「安心ノート」はページ数も上記の2社よりも少ないですし、表紙がいかにも葬儀社のパンフレットのようでした。

無料配布のエンディングノートを入手する方法は?

無料のエンディングノートは下記に資料請求をすることで入手できます。

資料請求をする具体的な方法は、以下の各リンクをクリックすることで公式サイトを開き、そのページの「資料請求」のバナーをクリックすれば申込みフォームが開きます。

そして、申込みフォームに必要事項を記入して送信すれば、数日後にパンフレットと共に郵送されます。

<注意>いずれに資料請求をする場合でも、申込みフォームに記載されている「資料の送付方法」は、「◎ご住所に郵送で送付」をお選びください。


シンプルなお葬式のエンディングノート

【よりそうのお葬式のエンディングノート】全30頁・A4版

全部で30ページの構成。A4版。家族表が見開き2ページの構成であるなど、充実した内容となっています。
ノートのタイトルは「My Note」で、エンディングノートというタイトルはつけられていません。

>>よりそうのお葬式のホームページはこちら


小さなお葬式のエンディングノート

【小さなお葬式のエンディングノート】全18頁・A4版

以前は30ページ構成でしたが、今は、18ページの構成に変更され、簡潔な構成となりました。簡潔な内容を好む方にはおすすめです。
A4版です。ノートのタイトルは「エンディングノート」となっています。

>> 小さなお葬式の概要まとめ

参考>>「小さな葬式」と「よりそうのお葬式」の違いは?

エンディングノートは保存にご注意を!

エンディングノートは書いたら終わりではなく、ノートを準備したことを家族に伝え、信頼のおける方に保存場所を伝えておきましょう。

お葬式やお墓のことなどで一番苦労をかけるのは配偶者や子どもたちですが、配偶者はまだしも子どもから切り出すのはなかなか難しい話題です。

こちらも準備しているということを事前に伝えれば、家族の気持ちもずっと楽になり一緒に準備をすすめることができます。

また、話し合いができないまま突然もしもが起こったときにも、エンディングノートを見れば、家族は意向を汲むことができます。

せっかくエンディングノートを書いたのにどこにあるか分からないということがないよう、次のことに気を付けましょう。

  • 書いたことを伝える
  • パスワードを残す
  • 保管場所に注意する

エンディングノートは遺言書のように法的拘束力がないため、保管に関してはそこまで神経質になる必要はありません。

ノートの保管は鍵のついた場所や、配偶者にだけ伝えておくなどしましょう。

エンディングノートを書くのにパソコンやアプリを利用する場合、見つけてもパスワードがわからないとこれもまた意味がなくなってしまいます。

パスワードは紙に書いておくなどして、ノートとは別に保管しましょう。


【関連ページ】

エンディングノート 無料

人気のエンディングノートを無料で入手する方法をお教えします。

それは、葬儀社紹介サイトに資料請求をして、エンディングノートを入手することです。

無料アプリ

エンディングノートの無料アプリをスマホでダウンロードする!

スマホのアプリでダウンロードできる無料のエンディングノートに自分の情報や思い出などを記録することができます。

無料配布のエンディングノート

無料配布のエンディングノートを簡単に入手する方法をご紹介してます!

無料配布のエンディングノートには、ネットでダウンロードしたり、葬儀社関係のサイトに資料請求することで郵送されるエンディングノートなどがあります。


 エンディングノート特集

 お坊さん便 

 

葬儀に関するQ&A

 

お葬式後の法事や法要

 

葬儀レビ

よりそうのお葬式

小さなお葬式

いい葬儀

いい仏壇

ミキワの「墓じまい」

海洋散骨

もしもドットネット