亡くなってから葬儀までの流れとそれに要する日数は?

葬儀から火葬までお葬式 Q&A
スポンサーリンク

亡くなってから火葬までの流れとそれに要する日数は?

亡くなってから火葬までの基本日数には2つのケースがあります

ご逝去が、午前の場合と午後の場合とでスケジュールが異なります。

カレンダー

第1のケースとして、ご逝去が午前中の場合

  • 1日目の午後 葬儀社を決め、その夜、通夜を行います。
  • 2日目の午前か午後に、葬儀・告別式を行い、午後に火葬を行います。
  • ただし、これらの日程は、式場やその他の事情によって調整されます。

第2のケースとして、ご逝去が午後の場合

  • 1日目の午後から夜に遺体を自宅に移動し安置します。
  • なお、葬儀社が決まっている場合は斎場に安置する場合もあります。
  • 2日目の夜に、通夜を行います。
  • 3日目の午前か、午後に葬儀を行い、引き続いて火葬を行います。

※なお、ご逝去(死亡診断書に書かれた時刻)から火葬までの時間として、最小限 24時間はご遺体を火葬せずに安置しておかなければなりません。

ただし、上記のスケジュールは、すべての手続きが円滑に進む場合のものであり、通常は、諸事情によりさらに数日を要することとなります。

火葬までの日数を長引かす要因とは?

火葬までの日数を長引かす理由としては、次のようなことが挙げられます。

  • 火葬の日が友引にあたる場合は、火葬場が休日のところもあり、翌日になります。
  • 火葬場が予定でいっぱいの場合、空くまで待つ必要があります。
  • 近親者の都合やお寺さんの都合も関係します。
    子供や兄弟等の近親者がすぐに駆けつけられない場合や、お坊さんの都合がつかない場合は、通夜が翌日になることもあります。
    このため、ご臨終から火葬まで、4~5日かかる場合もあります。

※上記のように、お葬に必要な日数は、通勤者等にとって、忌引きの日数とも関係するため、ぜひ知っておきたいことだと思います。


【関連記事】

忌引きの日数については、別ページにまとめてあります↓↓

※忌引き休暇は何日とれるの?忌引き休暇は有給になるの?などが分かります。
>>忌引きについて



タイトルとURLをコピーしました