自宅で危篤状態になったとき、まず何をすべきでしょうか?

病院で危篤 Q&A
スポンサーリンク

自宅で身内が危篤、まず何をすべきでしょうか?

自宅で危篤状態になった場合

自宅で危篤状態になった場合、すぐに救急車を呼んで蘇生処置をしてもらいます。

蘇生しない場合、残念ですが、あとは警察扱いとなります。最寄りの警察署か110番に連絡して下さい。このとき、法律上、遺体にふれたり遺体を動かしてはいけないことになっています。

また、突然の死亡で、事故死、変死、自殺などの場合は、警察に連絡し、現場検証を行い、検死を受け死体検案書をもらいます。

なお、死体検案書とは、死亡事由などを記した書類のことです。死亡診断書と同等に死亡を証明する効力を持つものです。

検案した医師のみが死体検案書を発行できることになっています。

病気による自然死であることが確認されるまでは、遺体を動かさないようにします。


葬儀社をご検討の方にご案内です

一括見積もりで良い葬儀社を比べて決めたい方は ⇒ くらべる葬儀

株式会社よりそうの「くらべる葬儀」の一括見積りフォームを利用すれば、全国900の葬儀社の中から お近くの葬儀社を最大5社、同時見積もりしてもらえます。
そして、それらの葬儀社を比較することで、より安価で優良な葬儀社を見つけることができます。

このサービスは無料で365日24時間いつでも利用できます。緊急の場合でも、最大10分で必要な情報を知ることができます。資料請求だけの申し込みも可能です。
>>「くらべる葬儀」で葬儀の無料一括見積もりができます

葬儀の費用を徹底的に安くしたい場合 ⇒ よりそうお葬式

「よりそうお葬式」では、日本最大級の全国約4,000ヶ所から、地元で評判の民営、公営の斎場から寺院でのお葬式まで、お客様のご希望にあわせてご案内してもらうことができます。

また、24時間365日、専門スタッフ常駐のコールセンターを完備しているため、ご遺体の搬送など緊急の事態が生じた場合でも、連絡をしてから最短30分〜1時間で来訪してもらうことができます。

インターネットで資料請求をすることで、緊急の際にも役立つパンフレットや情報のほか、希望する方にはエンディングノートも送ってもらうことができます。
>>よりそうお葬式のホームページ


タイトルとURLをコピーしました