「小さなお葬式」と「よりそうお葬式」の違いは? どっちが良いの?

小さなお葬式 小さなお葬式
スポンサーリンク

「小さなお葬式」と「よりそうお葬式(旧名シンプルなお葬式)」の違いは、なんでしょうか?

 ※「よりそうお葬式」は、旧名「シンプルなお葬式」から改名しました。

「小さなお葬式」と「よりそうお葬式」を比較すると…

「小さなお葬式」と「よりそうお葬式」は、お葬式の料金設定がたいへん似ています。しかし、よく検討すると、ずいぶん違っているサービスや内容もあります。

このページでは、「小さなお葬式」と「よりそうお葬式」に設けられている定額プランの内容やサービスの内容などについて、詳細に比較してあります。

小さなお葬式の概要

全国3,000カ所以上の斎場で利用できる「小さなお葬式」の定額葬儀プランは業界初

日本消費者協会が、2017年に行った第11回「葬儀についてのアンケート調査」によると、葬儀にかかる費用の平均総額は約196万円となっています。

このような葬儀事情に対して、小さなお葬式の「小さなお別れ葬」は、「追加料金一切不要のお葬式」を総額14万で行うことができるもので、なるべく小規模の葬儀を低額で行ないたい場合には、とてもありがたいプランとなっています。

小さなお葬式の運営会社は「株式会社ユニクエスト・オンライン」

このサービス会社は、不透明になりがちな葬儀を透明化することで葬儀費を定額化した「小さな火葬式」や「小さな家族葬」に「小さな1日葬」を加えることで、3つの定額プランを統合した「小さなお葬式」をリリースしました。さらに、最近では、とにかく安い葬儀を希望している方のために総額14万円で行う葬儀として「小さなお別れ葬」を開始しました。

このような小さなお葬式の葬儀プランは、業界の常識を打ち破るサービスとして話題になり、NHK等で新しい葬儀の形態として紹介されました。当時は、業界に衝撃を与えたようですが、一般大衆には低価格の葬儀として好意的に受け入れられ、全国の提携斎場数も3,000カ所以上、葬儀の依頼件数は合計10万件以上の実績を上げるまでになっています。

よりそうお葬式の概要

小さなお葬式に続き、2009年9月には大手のイオンが葬儀業界に参入しました。

さらに、この2社に続き株式会社よりそうが「よりそうお葬式」を開始し、小さなお葬よりもさらに安価な費用として、「シンプルな直葬」を総額12.8万円で行なえるプランを開始しました。

よりそうお葬式の運営会社は、「株式会社よりそう」

よりそうお葬式をリリースした株式会社よりそうは、「人々の生活に密着したライフメディア」をテーマにしたインターネットメディア事業を手がける会社です。このよりそうもまた、「世の中にある不透明なことを透明にしたい」という理念を持って、2013年に定額葬儀サービス「よりそうお葬式」をリリースしました。

小さなお葬式とよりそうお葬式の違いは?

上記のように、「小さなお葬式」と「よりそうお葬式」は、創立理念も同じで、サービス内容もまた似ていますが、後発の「よりそうお葬式」のほうが、「小さなお葬式」よりも多少安価な設定となっています。

小さなお葬式とよりそうお葬式の料金比較

< 小さなお葬式 >

下の画像の赤い太文字で書かかれた料金は、資料請求をした場合の料金です。

なお、「小さなお葬式」と「よりそうお葬式」のいずれも、格安、定額、追加料金一切なし、を特徴としています。

小さなお葬式では、お葬式を依頼する事前にホームページから資料請求(無料)をしておけば、各プランについて5,000円の割引があります。

>> 小さなお葬式で定額の葬儀ができます

< よりそうお葬式 >

太文字で表示された料金は、資料請求をしない場合の料金です。

よりそうお葬式でも、事前に資料請求(無料)をすると、各プランについてさらに5,000円ずつ割引されます。

最近のよりそうお葬式では、お葬式のプランを「よりそう家族葬」と「よりそう火葬式」に分けています。

さらに、「よりそう家族葬」は、下記の画像のように、
「一日プラン」「二日プラン」「華やかプラン」にわけてプランが設定されています。

よりそう家族葬

よりそう火葬式

また、「よりそう火葬式」は、下記の画像のように、
「直葬プラン」と「標準プラン」にわけてプランが設定されています。

ヤフー知恵袋に、こんな質問がありました!

<質問>小さなお葬式の338000円のプランとよりそうお葬式の278000円のプランの違いを教えてください。お願いします。

※上記のお葬式の値段は

<回答>・・・あくまで、プランで見る以上、よりそうお葬式ですと、遺影写真が含まれていないようです。
両方とも僧侶を呼ばない前提なのか、会葬者の焼香セットが含まれていません。
小さなお葬式では、セットに込みなのかオプションなのかすら定かではありません。
両方とも一日葬のため、告別式は行うと思われますが、内容をみる限り、祭壇がついた直葬です。
親戚が式場に集まった後、火葬場に移動するだけの内容ですので、式場で何を行うのか喪主のイメージがないと色々大変だと思われます。
よりそうお葬式では、仏具は別だという良心的な記載がありました。
僧侶を呼ぶ場合は、お布施+仏具オプション+線香オプションが必要だと思われます。
小さなお葬式ではそのあたりの記載がありません。

結局、「小さなお葬式」と「よりそうお葬式」はどちらが良いの?

小さなお葬式」と「よりそうお葬式」のどちらが良いか迷うところですが、料金面から選択するなら、オプションを全部つけたい場合は、「小さなお葬式」が格安となります。また、オプションの一部をつけたい場合は、「よりそうお葬式」が格安となります。

つまり、よりそうお葬式の場合、例えば、火葬式の148、000円は基本料金と考え、それに必要なオプションを加えていくという料金設定だともいえます。

資料請求のおすすめ

「よりそうお葬式」と「小さなお葬式」ともに、定額の割引料金プランは、予め資料請求をした場合に適用されます。

従って、割引料金プランを適用してもらって格安で葬儀を行いたい場合は、「よりそうお葬式」と「小さなお葬式」のどちらも資料請求は必須となります。

また、「よりそうお葬式」に資料請求した方には、エンディングノートが無料で提供されます。

※ 「よりそうお葬式」に資料請求した方におくられてくるパンフレットやエンディングノート、割引など↓↓

>>「よりそうお葬式」の資料請求はこちらからできます。

なお、「小さなお葬式」でも、以前、資料請求した方にエンディングノートが提供されていましたが、現在はそのようなサービスは無く、 「喪主が必ず読む本」という小冊子がプレゼントされています。

�※ 小さなお葬式に資料請求すると、送られてくるパンフレットや小冊子など↓↓

>>【小さなお葬式】の資料請求はこちらからできます。

私が資料請求をして、どうだったか?

私は、「よりそうお葬式」と「小さなお葬式」のどちらにも、資料請求をしました。送られてきた資料の内容は、パンフレット形式にまとめられているため、見やすく、全体を容易に把握できる点で、ネットの説明よりもパンフレット形式の資料のほうが見やすくなっています。

また、資料請求をすれば、ネットでは発表していない、時期を限定した資料や、資料請求をした個人別の地域情報等が付いてきますので、特に地域の情報を知りたい場合は、資料請求をするほうが、より具体的な情報が集まります。

なお、どちらのサービス会社も、資料請求だけなら、ネットで簡単に申し込みができますし、先方から電話がかかってくるわけでもなく、ただ資料が送られてくるだけですので、煩わしさなどは一切ありません。

タイトルとURLをコピーしました